buubuublog プログラミング&イラスト挑戦講座~北陸ひきこもり学生の挑戦記録~

【ファン歴10年解説】銀魂THEFINALのまえにみるべき長編12選

anime Other

こんにちはぶうぶうです。
2021年1月に公開されるのでファン歴10年であるこのボクが銀魂THEFINALのまえにみるべき長編12選については説明していきます
みるべき長編作品10選のみどころ・理由について解説をしていきたいとおもいます

長編と短編の二部 構成です。
今回はみるべき長編11選を説明しします。

初見さん以外でも銀魂ファン観ている人にとっておさらいという形で再度視聴してみるといいとおもいます。
時間ないひとはぶxちゃけ将軍暗殺篇からでも十分たのしめるとおもいます

その1うみぼうず編 ★★★

この回はネット負リックスやAmazonプライムでみれるひとならわかるとおもうんですけど
銀魂一年目の40話あたりなんですけどうみぼうずという神楽のおとうさんの初登場回です

宇宙で最強といわれるエイリアンハンター神楽の父うみぼうず(神滉)なんですけど故郷から地球江戸に単身で出て行った神楽のことを心配してエイリアン退治もかねて地球におとずれて神楽を連れ戻そうとするそれで居場所をみつけた神楽と父星海坊主の衝突を描いた回でもあり、それに対して銀さんたちはどう動くかを描く回にもなります。

銀魂を知っているひとにとってはなんでハゲの会なんだと疑問をもつかたもいるとおもうんで軽く理由・みどころについてもはなしていきます。

えらんだ理由

この回をえらんだのは簡単にいうと、神楽のお父さんの初登場回という理由もあるうんですけど
ほかに神楽とうみぼうずの関係、神楽が幼少の頃のバックボーンとか万事屋面々との関係(絆)みたいなものもわかる回で今後のはなし原炎上編や銀魂のさいごをみていくうえでも重要な回でも
あるのでみとくことをすすめます

みどころ

うみぼうずと神楽親子の関係ですね。

うみぼうずと神楽はやと族っていう宇宙で最強の戦闘民族(絶滅寸前)でもあり、自分のみちをあゆもうとする娘とそれはできないだから守ってやるという父対立を描いてるはなしでもあるのでほかにもうみぼうず&銀さんが共闘し、エイリアンと戦闘する場面もあり、銀魂のみどころでもあるシリアスとコメディの兼ね合わせており、十分たのしめる回でもあります。

その2劇場版銀魂新約紅桜編 ★★

2つ目劇場版銀魂新約紅桜編です。
この作品は2010年に劇場版として58話から61話を再度作り直して映画化した話です。

ストーリーの流れ

謎の妖刀による辻斬りさわぎが頻発してた江戸。そこにエリザベスから行方不明になった桂を探してほしいと依頼が届く。銀さんは妖刀、新八たちは桂の失踪に関わっている辻斬りについての捜査を開始し、その裏で高杉たち奇兵隊と呼ばれる攘夷志士が関わっていることに気付き、銀さんたちはその陰謀にまきこまれていくという感じですね

選んだ理由&みどころ

この回ですけど高杉、銀時、桂の関係を知るなおかつ銀魂を理解するうえでみといた方がいい作品ですし、攘夷志士(宇宙人→天人を地球から追い出そうとするものたち)たちの活動とかをしっておく点でも重要な回です。

銀さんと妖刀紅桜をもった仁蔵との対決は圧巻ですしふだんはちゃらんぽらんでふざけているぶxちゃけ死んだ魚のような目をしている・ふざけている 銀さんやその仲間たちがガチで闘う回なのでオススメです

あとBGオンりーの静止画、高すぎととかもみどころはたくさんあるのですがいうとはなしが脱線するのでここまでとします。ラストのDOWSさんの劇中歌をバックオンに銀さん&桂が天人たちと闘うシーンは最高にかっこいいのでみとくべきです。

その3柳生家篇 九兵衛初登場回 重要度 ★★

3つ目は柳生家編ですね 
銀魂を代表するキャラクターの一人柳生九兵衛のはなしです。
九兵衛といったらおとこまさりな強さをもちあわせおり、新八の姉志村妙のことをおもっているキャラでもあります。男にふれられず相手をはりたおす印象が強いんですけどそんな九兵衛の初登場回です

ストーリーの流れ

万事屋の志村新八(メガネ)くんの姉の妙が幼馴染である九兵衛と結婚するため、九兵衛につれられる形で彼の元をさります。姉を連れ戻すために新八と銀さん、神楽、そして妙のストーカーでもあり 真選組局長の近藤、土方、沖田の六人で九兵衛の家である柳生家にのりこみ彼らに戦いを挑む回です。嚙み砕いて説明するとこんな回です。

選んだ理由とみどころ

・九兵衛の人柄や妙との関係をしれること
・今後、レギュラーキャラである九兵衛の
・トイレの紙の回(みればわかります)があるため コミカルな戦い
・ゴリラとゴリラの結婚式

九兵衛の初登場回という理由のほかにも今後の銀魂ではレギュラーキャラとなる九兵衛の人柄をしっておくことも大切ですし、九兵衛と同じくレギュラーキャラである妙との関係をしっておくことも大切だとおもうのでこの回をえらびましたね

重要度はそこまで高くないのですがキャラクターを把握しとくうえでみときましょう

その4吉原炎上篇(炎上しません) 月詠・神威ら夜兎の初登場回 ★★★

この回は第一期の3年目 江戸の地下都市原を舞台としたはなしです。

ストーリーの流れ

ひょんなことから出会った自分の母ではないかと思う日輪と会いたいと願う晴太という少年のため
銀さんたちは地下都市原へと向かい、そこでの陰謀にまきこまれるはなしですね

選んだ理由&みどころ(おさえておくべき点)

・つくよとの出会い
・神威と神楽の再会
・夜兎の王ほうせんと銀さんたちの戦い

地下都市原を支配する夜兎の王と呼ばれた男ほうせんとの戦いがみものですが、重要キャラの神楽の兄の神威と阿伏兎の初登場回でもあるので、見逃せない回でもあります。

初登場キャラが多い回、共闘してほうせんを倒す場面は圧巻でもありますし、晴太と母親の日輪との再会の場面、ほうせんの過去などいい場面があるのでみておくことをすすめます

その5かぶき町四天王篇 ←かぶき町の住人把握をしておくため★★★

ストーリーの流れ

かぶき町の四大勢力 泥水次郎長 西郷 かだ お登勢の間でいさかいがおきてその争いに
銀さんたちがまきこまれ、どう打開していくかを描いています。

選んだ理由&みどころ

・かぶき町四天王編のみどころとして
・かぶき町の四大勢力 泥水次郎長 西郷 かだ お登勢の
・お登勢の過去
・次郎長とお登勢の関係
・銀さんとお登勢の出会ったころのはなし

四つの点をなどみどころはかなりありますが、銀魂の主要人物たちが数多く登場する回でもあるのでかぶき町の住人たちを把握しておく点においてみておいたほうがいいのでこの回を選んだ感じです。

その6バラガキ編 ★★★★

今回のはなしはコミックス42巻にあたる話でアニメ二期の244話から247話にあたるはなしです。
見廻組局長佐々木異三郎と今井信女の初登場回にあたるはなしですね

ストーリーの流れ

エリートばかり排出している名門佐々木家から問題児鉄之助という男を預かることになった真選組。その男を子弟として面倒をみることになった土方。とある出来事がきっかけで江戸の二大警察でもある佐々木率いる見廻組と土方・真選組が対立してしまう回となります。

みどころ&選んだ理由

・今まで語られることのなかった土方の過去のはなし
・佐々木と土方の対決
・信女と沖田との対決
・銀さんと土方との共闘

今まで語られることのなかった土方の過去のはなしはむねあつな場面でもありますし、
佐々木と土方の戦いのシーンもあれば特に信女と沖田の戦いは笑える部分もただあるのでこれは注目して観てもらえるといいです。

この四つのほかにも最高にかっこいいと思えたシーンはネタバレになるのでふかく言及しませんが、さいご土方が亡くなった兄にあてた手紙の内容がかなり胸をうたれるのでとりあえず、みてみることをすすめます

今後の物語のカギとなる信女や異三郎の登場回でもあるので観る重要度は少し高めに設定しています。

EX ふようへん ★★★★

紹介し忘れていたのですが、ふようへんです。
簡単にいうとスナックお登勢で働くたまの初登場回です。

ストーリーの流れ

ゴミ捨て場に捨てられていた生首を持ち帰った神楽。その生首の正体は江戸で流行しているからくり家政婦ロボットの一つであった。そのロボ たまは開発者の人間の殺害容疑でおわれていた。そんな彼女を捕まえるため、研究所の人間と配下のロボが襲撃してくる。銀さんたちは真相を確かめるために戦いにのぞむ回です。

選んだ理由&みどころ

・たまのつくった開発者の思い
・からくりであるたまに感情が芽生えるシーン
・この回のラストはなみだもの
・たまの人柄をしるうえで大切な回なため

とりあえず、主要キャラであるたまの生い立ちをしっておく、そしてこの回をみておくことでラストの銀の魂篇での活躍や劇場版のことを考えておくと、みておくべき回であるので未視聴の方は確認しておきましょう。

その7銀魂延長戦 一国傾城篇 ★★★★

はなしの流れ

吉原がまだ地上にあったころ伝説の花魁といわれた鈴蘭と思い人とのある約束を果たす手伝いをするため、銀さんら万事屋と月詠が神楽の友達でもある将軍の妹そよ姫の助けもあって将軍のいる江戸城に入る。そこで、とある事件の濡れ衣をきせられた銀時らは真選組の助けを経て脱出。ことの心意を確かめるために事件の黒幕である先代将軍定定に戦いをいどむ回です

みどころ&選んだ理由

・銀さんと朧の対決&過去
・鈴蘭のために約束をはたそうと朧、先代将軍定定に立ち向かう銀さん、新八、神楽、月詠
・真選組と見廻組との共闘
・鈴蘭と思い人との再会

この4つはみどころでもありますが、なかでも現在の江戸を裏で支配してる天道衆の配下暗殺組織天照院奈落とそれを率いる朧の初登場回でもあるので、物語を左右するまた今後銀さんたちの敵となる奈落のことしれる回なので必ず確認しておきましょう

銀さんたちの師松陽の死の原因や銀さん、高杉、桂の過去が明確にはじめて分かる点、物語事態も十分たのしめるのでチェックしときましょう。

その8将軍暗殺篇 超重要 ★★★★★

殿中で命を狙われた将軍の茂茂の命を護るために銀さんたち万事屋、真選組、服部全蔵、猿飛あやめ率いる御庭番衆が将軍の命を狙う高杉、神威夜兎族らとの戦いを描いた回です。

みどころと&選んだ理由

・劇場版銀魂ファイナルをみるうえでかかせない回のはじまり
・高杉VS銀さんとの戦闘
・神威VS神楽の戦闘
・銀さんの師匠吉田松陽との過去
・御庭番衆全蔵、さっちゃんと将軍茂茂の友情
・忍びの里での戦い

この五点ですね。みどころはのべたとおりなので深くは言及しないのですが、とくに、高杉と銀さん都の過去師の松陽の死の原因など語られてなかったものを新たなにしることができますし、この回からシリアスパートが長期にわたってつづく最終回にむけてのはじまりの物語といってもいいので、劇場版みるならぜひ抑えておくべき回です。

最悪、時間に余裕がない人は将軍暗殺篇からでもある程度登場キャラをおさえておけば楽しめると思うのでまあここからみても問題はないかなと思います。

その9さらば真選組篇 超重要 ★★★★★

将軍暗殺篇の直後から物語がはじまり、新将軍徳川喜喜によって真選組が解体されて局長の近藤と警察庁元長官の松平二名の処刑を言い渡され投獄されます。彼らを救うため、土方ら真選組と銀さんたち万事屋、桂率いる攘夷志士の面々が共闘して近藤たちが囚われている黒縄島に向かい、朧率いる奈落、佐々木率いる見廻組との死闘を描く回です。

みどころ&選んだ理由

・真選組と桂たち攘夷志士との共闘
・信女と異三郎との関係
・奈落先代首領 虚との最初の戦い

ぶっちゃけるとこの将軍暗殺篇とさらば真選組篇は銀魂のなかでトップクラスで面白い回なので
必ずみといてください。とくに、今回は真選組が誕生した理由、真選組だけでなく、信女や異三郎
の関係も明らかになるし、なける回でもあるのでみどころです。

その10洛陽決戦篇 超重要 ★★★★★

高杉たち救出と自分の兄神威と父星海坊主の戦いをとめるため故郷へとむかった神楽をう、銀さんたちは神楽の故郷の星洛陽へと向かい、そこで銀さんたちと星海坊主をねらってきた天道衆、虚の配下となった宇宙海賊 春雨との戦いを描く

みどころ&選んだ理由

・神楽たち家族の過去
・星海坊主と神楽の母江華との出会い
・虚VS星海坊主
・春雨たちと銀さんたちの戦い
・銀さん、高杉、桂、坂本辰馬たちの共闘シーン

洛陽決戦篇のみどころをざっくりと紹介すると、こんな感じです。とくに、神楽のお母さんのはなしはかなり新鮮でみどころのある回なのでオススメ。次回の銀の魂篇と劇場版ファイナルに繋がる節目の回ともいえるので、とりあえず、チェックしときしょう。

その11銀の魂篇(銀の魂篇前半戦 銀の魂篇後半戦) 超重要 ★★★★★

虚との最終決戦のはじまりを描いたはなしで今作の劇場版をみるまえにかかせない回です。深くは言及しませんが銀魂の最終長編にあたる部分です。地球に攻め込みにきたアルタナ解放軍、そして地球を消そうとする虚との決戦を描いたはなしです

みどころ&選んだ理由

選んだ理由はいうまでもなく最終長編であり劇場版へとつづく回なのではぶくことのできない回です。
みどころはすべてなのですが、しぼっていくと↓

・銀さんや過去にでてきたキャラたち全員が協力して江戸を守ろうとする姿
・虚との戦い
・アルタナ解放軍と
・エリザべスの正体が判明
・長谷川(マダオ)がかっこいい

などなどみどころがおおすぎて具体敵には本編をみてくださいとしかいいようがないのですが、TVアニメ銀魂の優秀のビをかざる最後だといってもいい長編なので、みることをオススメします。

以上が10選だったのですが、細かい不明な点は実際に今紹介した長編をみると解決するのですみません。
すこしみどころとか深堀したかったのですけど、尺てきにちょっと断念せざるおえなかったのでまあここまでとなります。

すこしでもみなさんのお役にたてればいいと思います

では以上となります。